多重知能理論(MI)の魅了:2

mi研修などでMIを実施すると、「得意なMIはわかったけど、どういかせばいいのか」という点に多くの方が疑問をもたれます。そこで、今回はMI理論が実際の支援などでどのように活用できるのか、という点について書いてみたいと思います。あくまで試行錯誤している段階で、明確なエビデンスがあるわけではありませんが、なにかの参考になれば嬉しいです。

手探りな活用方法

いまのところ、3つの目的で活用方法を実践しています。

1つ目は、自己肯定を高めることです。支援対象者が持つ自己イメージを「いいところなんて何もない」から「いいところもあるかも」へと更新する役割を期待しています。自己否定感の強い方が多い就労支援では、特にこの効果をねらって実施しています。この場合、「で?どうすればいいの?」はあまり考慮にいれません。

2つ目は問題解決のツールを増やすことです。自分が目標達成するために、どんな手段を組み合わせていくとよいのかを探るヒントとして活用します。例えば、
 言語:日記を書いてそれを分析するとか、口に出してみるとか。
 論理:意識的に因果関係を分析してみるとか。
 空間:考えるときに、文字よりも図式化や絵の描写を多様してみるとか。
自然にやっていることを意識化すると、工夫や努力を投じる対象となりやすくなります。なんとなくうまくいくときには、意識されていないだけで自分の得意なMIが発揮されているのかもしれません。それらを意識化し、手段として意図的につかうことで、「なんとなく」が、「こうすれば」に変わっていくことを期待します。

3つ目は、チームビルディングです。初めて会った人やこれから一緒に仕事をする人との共通点や、その人の得意な点を知るきっかけになります。たとえば、すごくゴツくて強面な人と、きゃしゃで柔和そうな人が、MIのワークでお互いに実は昔ピアノを習っていた、という共通点がみつかり、意気投合するようなことがあったりします。

ちなみに、提唱者のガードナーは、MIをこういった「問題解決の道具的に」使うことはあまり好ましくないと考えている部分があるようです。でも、どう使うか?は、強みを活かすとか伸ばすという視点からは、大事な取り組みだと思います。

MIにはいろいろと批判もある

そもそも、IQと違い、客観的に測定する方法がありません。ガードナー自身がそういった測定に反対の立場をとっており、基本的には観察や面接から特徴を探ることになります。こういった点が、客観的な測定を大事にする立場の人たちからはものすごく批判を受けているようです。現場の視点からみても、測れるにこしたことはありません。そこで、海外のさまざまな実践家は、独自にチェックリストなどを作成し、手がかりをつかむ工夫をしています。日本でも、大手進学塾がMIの研究者と組んで、生徒の学習スタイルを測定したりしています。批判は他にも、MIのカテゴリがそもそも妥当なの?というものなどがあります。

なんか良さそうだけど、どういいのかはいまいちわかりにくい。そんなところに魅力を感じます。どう活用すればいいのか考えるのに、こちらの関わる余地がたくさんある点も魅力です。みなさんも、自分なりのMI活用方法を考えてみてください。


参考にした文献
・MI:個性を生かす多重知能理論 ハワード・ガードナー著 新曜社
・発達障害の子どもたち 山崎晃資著 講談社
・実践知 金井壽宏/楠見孝編 有斐閣
・MI at 25. Branton Shearer. Teachers College Press.
・MultipleIntelligences in the classroom. Thomas Armstrong. ASCD.
・MultipleIntelligences in practice. Mike Fleetham. Network Continuum Education