goal

自分を数字にする

毎年、1月1日に「この1年はこんなふうにしたい」というものをいくつか箇条書きで書き出してみることにしています。大半は絵に描いたもちにおわりますが、中には達成できるものもあります。達成できる目標は、当たり前かもしれませんが、「達成できたかどうか」がわかる目標です。これは目標を設定するときに、すごく大事な視点だと思います。

自分の行動を数字にして把握する

「今年はいい人になる」。こういった目標を立てた場合、たぶん、「達成できたな」と判断することは難しいでしょう。一方、「1ヶ月に10人をなにかしら助ける」だったら、前者よりも達成できたかが判断しやすいでしょう。このように自分のやることを数字にして把握してみると、達成したか判断しやすくなります。こういう取り組みを“自己数量化”といいます。以前ブログでも取り上げたゲーミフィケーションでは、この自己数量化が巧みに使われています(ステージの難易度とか、自分のレベルなど)。

また、目標達成では、「いまどこにいるのか」と「あとどのくらいか」がわかるかどうかも重要といわれています。たとえば、山登りでは、登山者は「標高何メートル」や「何合目」といった数字をみて、それら2つを把握するようにするのではないでしょうか。目標達成でも、中間目標をおきます。この際、自分の行動が数量化できると、「いまどこか」、「あとどのくらいか」が客観的にわかりやすくなります。

できたかどうかわかる目標

就労支援の場面では、「どうやってできたって判断するんだろう」という目標を立てている人と出会います。こういう目標に数字をいれたり、「いまどこか」「あとどのくらいか」が分かるような中間目標を入れると、ずいぶん目標達成スキルが上達していくな、と感じます。

今年の目標は、数字を把握できて、達成できそうなものも立ててみてはどうでしょう。日常の中で数字が積上っていく楽しさが、やる気をさらに引き出してくれるかもしれません。ただ、いちいち数字で把握してたらつかれちゃう場合もあるので、ほどほどに。


参考にした文献
・WILLPOWER. R.F.Baumeister & J.TIERNEY. PENGUIN BOOKS
・自己調整学習 自己調整学習研究会編 北大路書房