「わかる」と「やる」の間の壁

「あ、それは知っているから大丈夫です」

就労支援の場で、利用者の方がこんなセリフをたまにおっしゃります。
「知っている」の内容はさまざま。履歴書の書き方、面接のときの注意点、受けこたえのポイントなどなど。履歴書の書き方はもう知っているから、それについてこれ以上やる必要はないです、ということです。でも、実際にみせていただくと、確かに「書式」はご存知なのですが、内容が・・・というようなこともあります。

多くの方がご存知のとおり、知識として「知っている」ことが、実際にできるわけではありません。正しい泳ぎ方を知っていても、それだけでは泳げません。適切なさじ加減を知っていても、それだけで料理ができるわけではありません。特に技能、というかスキルというか、行動にうつすことが前提の知識は、

①知っている→②行動にうつせる→③何度も練習している→④思った通りの結果がでる

というような流れで身につけていくことが必要です。こういった流れは、大人になる過程で自然と学んでいる人もいるのかもしれません。しかし中には、「①知っている=④出来る」と思っていて、その間に②と③という壁があることが想像されていないよのかな、と思う人もいます。もしそうなら、学ぶ機会があるといいですよね。

昨年発売された「スタンフォードの自分を変える教室」という本があります。自己制御理論という考えにもとづいて、自分をコントロールするためのさまざまな方法が取り上げられています。実はこの自己制御理論は、勉強やスキル習得の分野でも研究が進んでいます。そして、「学び方についての学び方」を学んだ(???ですね)人は、そうでない人よりも学習成績が向上しやすいことがわかってきています。学び方についての学び方とは、たとえば暗記する方法ってこんなのがあるよね、とかだけでなく、「どうやったら上達するか」、つまり②や③の流れをどうやるかということを学ぶことも含まれます。

自戒を込めて、ですが、伝える側も、伝えた=行動にうつすものという前提が、知らず知らずのうちに自分のなかにあるのかもな、と思っています。こちらも壁を無視してしまっているかもしれないのです。伝えるから一歩踏み込んで、伝えられた発達障がいのある方々が、どうやったら日常で伝えられことを行動にうつし、練習できるか。最近の課題です。


参考にした文献
・スタンフォードの自分を変える教室 ケリー・マクゴニガル 大和書房
・自己調整学習 自己調整学習研究会編 北大路書房